本日も元気にウエイトリフティング教室に行ってまいりました。
久々に主人のダイエットの進捗状況を書かせて頂きます。



まもなく全行程の半分が終わりますが、現時点で体重は
6キロ減となっており、なかなかに順調です。



なにより、目に見えてお腹のお肉がなくなっているので、
本人もやりがいを覚えていて、はりきって取り組んでいます。

わたしも、二の腕や背中に筋肉がついてきて、良い感じです。



それでも、長期間通っていると辛くなる時期がでてくるものです。

そんな時、やる気を取り戻すのに効果的だった方法をご紹介!



①お腹いっぱいになるまで食べてOKな料理を作る

好きなものを制限して少量食べるより、糖質の少ない食品を
満足するまで食べる方が、食事制限において辛さを感じ難いそうです。



②辛いトレーニングが終わった後にご褒美を用意する

これがあるから辛くても頑張れる!というものを用意します。
主人の場合は、糖質0の「アサヒOff」という発泡酒です。



③二人で一緒に通うことで、「面倒だから今日はやーめた」を防止

1人で通うと、教室に行くまでが面倒だったり雨が降っているだけで
嫌になったりしますが、外で待ち合わせをする事で、行かなければ!
と思ってもらえるのかなと思います。



④漠然とではなく、明確な目標やゴールを決めて取り組む

食事制限や激しい運動を一生涯続けるなんて、大抵の人には無理だと思います。
ここまでいったらひとまず終わり!というポイントを、
最初の時点で決めておくのがいいと思います。



⑤体重が少しでも減ったら、みんなで大袈裟に褒める

努力が認められ「やせたね!」と言われると誰でも嬉しいものです。

反対に、頑張っているのに体重が落ちていない時には、本人が一番辛いと思うので、
そのことには触れないようにしています。



上記はあくまで、わたしたちの経験に基づくおはなしで、
人によっては効果がみられないこともあると思います。

最後は結局、自分自身の意思の強さだと思いますが、
少しでも負担が軽くなるように支えたいと思っているので、残り半分…
引き続きわたしも一緒に頑張ります!



結婚式まであと41日




ランキング参加中です。素敵なブログいっぱいだよ