披露宴のラストで両親に贈るプレゼントを何にするのか、
ここ数ヶ月、ずっと頭を悩ませてきました。

花束やウエイトベアが一般的だと思うのですが、うちの両親は
遠方から来て、式の前日と当日に宿泊してもらう予定なので
花束を渡すのは難しいし、帰りも新幹線なので重いものは避けたく、
残念ながらこの2つは選べません(T_T)

その他、旅行券やカタログギフトなどの目録もありかなと思いましたが、
渡す時に見栄えがあまり良くないですよとプランナーさんに止められました。
正直、見栄えはそんなに気にしませんが、一応他の案も考えてみる事に…

お米や似顔絵イラスト、名前入りのポエムなど本当に色々あって、
式場でもらったカタログに載っているだけでも、かなりの種類がありました。
でも、これだ!というものになかなか巡り合えません…

そこで、カタログから探すのはやめて、実際にお店を回ってみることにしました。

最初にフラワーショップにプリザーブドフラワーを見に行きました。
写真たてやオルゴールがセットになった物もあって、お互いの両親が
『花』好きなので、今までの中ではこれが一番いいね、という話になりました。

その中で最も目をひいたのは、ラインストーンがついたガラス製の
綺麗なアートフラワークロックでした。

時計を贈るという行為には、これからの人生の時を一緒に刻んで欲しい、
という意味があるそうです。とっても素敵ですよね。

カタログにもいくつか時計は載ってはいたのですが、文字盤に数字が
ないデザインばかりで時間が見づらく、インテリアとしてはオシャレでも、
実用性が低いので候補から外していました。

でもこのフラワークロックは、文字盤の数字が大きくて見やすい上に、
色の種類が豊富で、新郎側、新婦側、そしてわたしたちと3つの家で
色違いで飾ったら、とっても素敵だろうなぁと思いました。

あまり重くなくかさばらないこと、見栄えが良いこと、更に実用性があり、
結婚式で渡すものとして、常識的な品であること。
希望の条件を全てクリアしていて、両親へのプレゼントとしてぴったりです。

何を贈ったとしても、これまで育ててもらった恩を返すには、全然足りません。
だからこそ、感謝の言葉と共に、心をこめて選んだ品を贈りたいと思います。

お父さん、お母さん、いままでありがとう。これからもよろしくお願いします。
お義父さん、お義母さん、家族になってくれてありがとう。これからよろしくお願いします。



結婚式まであと27日




ランキング参加中です。素敵なブログいっぱいだよ